座面調節など車イス利用時のワンポイントアドバイス。小林貴代さんの視線
考える介護を始めよう
福祉用具研究会・車イス利用時のアドバイス
考える介護のために・哲人と対談する 介護現場で考える・福祉用具研究会から プロフィール 高齢生活研究所の事業案内

表紙 > 福祉用具研究会の活動から > 車イス利用時のワンポイントアドバイス。小林貴代さんの視線



その車イス、ひょっとして座面はマジックテープじゃないですか


お尻がピンポイントで体重を支えている

作業療法士の小林貴代さん(Kobaレディースクリニック理事、森ノ宮医療大学非常勤講師)に、車イス使用に関するワンポイントアドバイスをご紹介します。小林貴代さんには、いつも福祉用具研究会では作業療法士としての専門知識に基づく助言をいただいています。

 

さて、人が車イスに座る時、コマの軸のように、狭い面積で体重を支えることになります。

上半身の体重が、骨盤にしっかりと乗るように座面を作ってあげる必要があります。

意外に見落としがちなのが、車イスについている、座面の張り具合を調節できる機能です。

皆さんのお使いになっている車イスも座面・クッションを外してみてください。写真のようにマジックテープ式で張り具合の調節が可能なモデルかもしれません。

マジックテープ式の車イスを使っておられる方でしたら、早速、張り替えてみましょう。

その車イス、ひょっとして、座面はマジックテープじゃないですか?
その車イス、ひょっとして、座面はマジックテープじゃないですか?

利用者さんの身体に合わせて張り具合を調節しましょう
利用者さんの身体に合わせて張り具合を調節しましょう


お尻が座りよくなるように少したるませると良い感じになります。ピンと張りつめたかたい座面だと、痩せてとがったお尻がピンポイントで体重を支える仕組みになって、これは要介護者にとってはつらいことになります。


フットレストに足がつかないのなら、プラスチック板は外してベルト式に変更しましょう

 

廣村親人さんが利用者さんの身体の状態を再現すると、やはり足が拘縮している
ももやまの介護士・廣村親人さんが拘縮した利用者さんの身体の状態を再現する。見た目でも、ご本人の実感としても、この利用者さんにとって、車イスは苦しい姿勢だということが、明らかになる。改善方法を考えることに、がぜん力が入る。

実際の利用者さんのフットレストを、ベルトタイプに変更したら、両足がそれぞれの重さによってベルトに接地し、体重を支えることができるようになった。
実際の利用者さんのフットレストを、ベルトタイプに変更したら、両足がそれぞれの重さによってベルトに接地し、体重を支えることができるようになった。

 

また、座面の調節と連動して考えないといけないのが、フットレストです。

硬いプラスチックの板状のフットレストが基本セットとしてついている車イスが多く、これをそのまま使っているケースがほとんどだと思います。

ところが、左右どちらかの足が拘縮してフットレストに乗らない。あるいは、体全体が拘縮しているので、そもそも足が伸びない。ということがあります。

いくらかでも体重を支えることができない状態では、フットレストは役目を果たせません。足が浮いているのでしたら、そのフットレストはないのと同じです。

そんな時は、このプラスチック製のフットレストを外して、布でも何でも、ベルト状にして「たわむフットレスト」を作ることも一案です。これを使えば、拘縮した身体でも足に体重をかけることができます。


背もたれも確認してください

 

ちなみに、背もたれもマジックテープ式で張り調節できるタイプもたくさんあります。お手元の車イスの背もたれの布を外してみると、マジックテープが隠れているかもしれません。これを張り直すと、背中が丸くなった円背の方でも、痛くなく座れるようになります。ぜひ、背もたれも調節してあげましょう。


低床タイプなら自走できる人がいる

 

低床タイプなら、地そうできる人がいます
車イスは、低床タイプにすると、足が床に直接つく人もいます。「足コギ」で自走できる人にとっては、低床タイプの方が好ましい場合が多いです。こぐことで運動になります。

 

小林貴代さんは、比較的、身体が自由で、動くことができる要介護者が使う車イスは、できる事ならば低床タイプにしてほしいと言われます。

低床車イスに座って、足が床に直接着くことができる人だと、「足コギ」をして、ある程度は自分の意思で行動できます。

体の状況によっては、前に進めずに、後ろに進む形になる人もおられますが、こうした「運動」をすることが、足の筋肉量の低下を防ぐことにつながります。


車軸のホコリは拭きとる

 

また、これこそ、見落としがちなポイントですが、介護をする人は、少ししゃがんで車イスの車軸を見てください。この部分にはホコリが溜まります。

ここにホコリがたまると、車輪の回転が悪くなります。回転しにくいと、力が弱い人などにとっては自走する意欲を妨げる要因にもなります。

掃除をして自転車用の油などをさしていただくと、車イスの機動性がよみがえります。利用者さんにとってもスイスイと走る車イスは心地よく、移動が楽しく、日常生活の意欲向上につながります。

車軸をのぞいてみると、意外にホコリが溜まっていたりします
しゃがんで車軸をのぞいてみると、意外なことに、ホコリが溜まっていたりします。拭きとると機動性がよみがえります。

 

介護現場で考える・福祉用具研究会の活動から

『圧倒的につらい体を知る』はコチラ→

『行動には理由がある。身体を真似ると、その理由が見えてくる』はコチラ→

『尿器を使った排泄介護を考える』はコチラ→

本ページの制作 監修:浜田きよ子 執筆:本サイトウェブマスター

圧倒的につらい身体を知る
圧倒的につらい体を知る

身体を真似ると理由が分かる
身体を真似ると理由が分かる
車イス利用時のアドバイス
車イス利用のアドバイス
尿器を使ったはいせつ介護を考える
尿器を使ったはいせつ介護
むつき庵のサイトはコチラ
むつき庵のサイトはコチラ→
高齢者の作品収集と展示
高齢者の作品収集と展示

考える介護のために・対談シリーズ介護現場で考える・福祉用具研究会プロフィール・著作紹介高齢生活研究所 | 表紙へ

考える介護をはじめよう Copyright (c) 浜田きよ子 高齢生活研究所