排泄の自立だけでなく、心の自立のために。尿器を使ったはいせつ介護を考える
考える介護を始めよう
尿器を使った排泄介護を考える
考える介護のために・ 哲人と対談する 介護の現場で考える・福祉用具研究会から プロフィール 高齢生活研究所の事業案内

表紙 > 福祉用具研究会の活動から > 排泄の自立だけでなく、心の自立のために。尿器を使ったはいせつ介護を考える


対談 京都・地域密着型総合ケアセンターきたおおじ 西村優子さん × 浜田きよ子さん

尿器を使った排泄ケアを考える。西村優子さんA; ベッドで端座位になって尿器を使う。一息ついたら、溜まった尿を捨てる。そうすれば漏れずにすむ。

B; 尿意を感じて家人を呼べどもトイレに間にあわずに漏れる。そして、使い方も良く分からない紙おむつを何重にも当てられる。

 

…介護される側にとって大切な「心の自立」が少しでも実現できるのは、どちらでしょう?

 

尿器は「心の自立」をサポートする優れた福祉用具なのに、意外なほど、認知されていません。本稿を読まれた方が、介護施設や病院に勤務されている方でしたら、利用者さん、患者さんにおむつを当てる前に、「尿器を使えるか検討しませんか?」と呼びかける勇気を持っていただきたいと思います。呼びかける相手は、要介護者、患者さんであり、そして、ともに働く仲間や上司であったり…。気苦労はおかけすると思いますが、皆さんが助けたいと思った相手の自立のために、「尿器の使い方」についても、いつもその選択肢があるんだということを頭の片隅において下さい。(対談 京都・地域密着型総合ケアセンターきたおおじ 西村優子さん × 浜田きよ子さん)

 

尿意がある人には尿器を使う

 

司会 排泄介護の世界では紙おむつやポータブルトイレに比べると、尿器はなかなか脚光を浴びていないように感じます。

 

浜田さん 尿器は、使いこなせば本当に便利なアイテムなのですが、介護の世界ではポータブルトイレや紙おむつに隠れ、 活用頻度は低いのが現状です。介護の世界を俯瞰してみると、活用されない理由として、人材育成、教育の問題や、介護サービスにおける効率化の追求などの要 因が複雑に絡んでいるように思います。

 

むつき庵で展示している尿器の一例


タンク部は床に置いておく。ベッド上で端座位などになり、漏斗状の部位を尿道に当てて使うと、尿は重力で自然とタンクに溜まる。ベッドの枠やマットレスでチューブが折れないように注意。また、足の上にチューブを置いたりして、尿の流れが上向かないように注意。必ず流れが下を向くように。折れ曲がっていたり上を向いていると尿が逆流する。

尿器
男女兼用の尿器。男性は小さな口から。女性はボディ部分の大きな口から。廃版。

移動用尿器
おしゃれな布製ケースに収納できる尿器。外出時にも気後れすることなく持ち運べる。

尿器
女性が端座位で陰部に差し込むタイプ。廃版。このような端座位尿器ってすごく便利なのですが輸入モノで知名度が低いために、購入者が少なく、廃版に追い込まれてしまう。

尿器
女性用の尿器。女性用は男性用よりも受け口が大きい。でも自分の尿道口を意識しないと使いにくいので、使いこなすための意識も重要。

尿器
自分で尿器を当てるためのグリップが特長。逆流防止弁つき。

こぼれにくい
こぼれにくさにこだわった女性用尿器。座って使える。

尿器
こぼれにくい男性用尿器。逆流防止弁つき。

ガラス製尿器
ガラス製の尿器。ずっしりと重いのが特長。

尿器
溜まった尿を隠すカバーがついた尿器。

 

西村さん 私は看護師で、医療の世界から介護の世界へと仕事のフィールドを広げてきた立場です。病院における排泄介護といえば、紙おむつではなく尿器で、看護師が長年にわたって学んできたのも尿器です。
  病院の備品として相当数常備し、使うたびに消毒して複数の患者さんに対応するケースが多いのです。健康な人でも骨折などで一時的に安静を強いられる場合もあり、尿意のある人には必ず尿器を使います。
  ところが20年ほど前、介護施設で仕事を始めた頃の話ですが、施設内に尿器が見当たらずにびっくりしたことがあります。この施設には常備してなかったのです。それはこんなケースから発覚したのでした。
  紙おむつをあてているおばあちゃんですが、廊下から交換用のおむつを載せたカートの音が聞こえてくると、そのときにはじめておむつの中で排尿をするのです。尿意があるからこそ、おむつの中で排尿することを嫌がり、苦肉の策としておむつ交換直前に排尿していたのです。
  尿意がある人にこんなおかしな対応をと、尿器を探しても見つからず、たずねた近所の薬局でも見つからないので、遠方の薬局まで足を運び、入手することが できました。さっそくこのおばあちゃんに使ってもらったら、その後は尿器で排尿するようになり、紙おむつをつけなくなりました。

尿器を使えば「間にあわなかった」を減らせる。落ちついて排尿して、一息ついて安全に行動できる

 

浜田さん 排泄をサポートするための選択肢の優先順位はトイレ、ポータブルトイレ、おむつという順です。本来、尿器はおむつの前にあるべきものです。また、ポータブルトイレに移乗できない人は、ポータブルトイレよりも尿器が重宝されるはずなのです。
  尿器がいかに便利なものかということを実感していただくために、施設でも住宅でも、次のような尿器の使い方を実践してみてはいかがでしょうか。

 尿意を感じてからトイレに行くまでにもたついたり、尿モレしやすい人は、ベッドサイドなどに尿器を置いてトイレに行く前に尿器を使う。その後、落ち着い てからトイレで尿器にたまった尿を流す。こうすると、排泄のたびに抱いていたあせりがなくなり、精神的にも楽になれます。結果として排泄の失敗をなくすことも可能です。

 

西村さん 施設の場合、尿器にたまった尿を捨ててほしいというコールに対して、職員が手をかけられないという問題が起きたことがあります。また、学生として介護技術を学ぶ段階では、尿器の使い方を学んでいないのかもしれませんね。
  介護施設のスタッフの場合、紙おむつの当て方は大切なこととして学んでいますが、尿器については「当て方が分からない」という声も多く、どうも心もとないのが実際のところです。

 

浜田さん 確かに、尿器を使用できる条件としては「本人が自分で使う」のが最も失敗しない方法ですね。
  介護者が尿器を当てるのは、本人がするよりもはるかに大変で、要介護者の衣服を脱がし、下着を脱がし、陰部と尿器の角度を調節し、固定する…といった複雑な作業が発生します。

元気な人が使う尿器

 

司会 尿器を見る角度を少し変えてみたいのですが、失禁パンツやパッド類は外出が楽しくなるように、微量の尿に対応するラインナップが増えています。さらに尿器にも、小型で携帯できるタイプ(携帯用トイレ)が登場しています。これらの違いはどこにありますか?

 

浜田さん 失禁が心配な女性にとって軽失禁パッド類は入手しやすく便利なものですが、尿を吸収して閉じ込めた後の処理に特徴があります。尿は身体に密着したままですから、身体から切り離すには使用済みのパッドをゴミとして捨てることが必要です。
  失禁パンツは、高齢者が旅行に行く前に購入するケースがありますね。ただ、実際のところは「お守り」として心的ストレスの緩和に役立っていることが多い とみられます。なぜかと言いますと、実際に失禁パンツの中で排尿すると、ごく微量のとき以外はパンツをはきかえる必要が発生し、パンツをはきかえる場所を 確保したり、予備のパンツを持参することが、思ったよりも手間だということになりやすいので、旅行やレジャーでは、失禁パンツはお守りとして機能すること があります。

 

西村さん パッドやショーツ、紙おむつの中で排尿すると、どうしてもベタベタ感や皮膚への刺激が発生しますね。「排泄 物は、身体にくっつけると不快、切り離すと快適」というのは生理的な原則です。かといって、尿器は服や下着をめくって陰部を露出させるので、どこでも使え るものではないですね。

 

浜田さん 先日、沖縄から京都まで強行スケジュールで帰ってきたのですが、飛行機や列車の待合時間がほとんどなく、都 会にいるのに6時間ばかりトイレに行けない状況に陥ってしまいました。そのときは、携帯用トイレを持参するか、紙おむつをはいておけば良かったと思いまし た。トイレの必要性は外出時にこそ急激に高まるものですね。

 

西村さん 私は阪神淡路大震災の時に、携帯用トイレの重要性を痛感しました。普段は使わなくても良いから手の届く場所に常備する大切さを知りました。

 

浜田さん 私は、携帯用トイレがレジャー業界などを巻き込んで発展することが、尿器を取り巻く環境を改善することにつながるのではないかと考えています。
  尿器は病気であったり、介護を必要とする人が使っているイメージがありますが、同じ尿器カテゴリーに属していながら、携帯用トイレは元気な人、若い人が使うものという印象が強まっています。
  携帯用トイレを使って渋滞中の車の中で排尿するといったレジャーに関連するシーンでの需要はまだまだ伸びるでしょう。

 

西村さん 元気な人が尿器を使うことで、尿器の存在がオープンになりますね。

 

浜田さん 元気な人に使ってほしい理由がもう一つあります。元気な人が尿器を使いこなすようになれば、より使い勝手の良い製品を求めるベクトルが生まれ、製品そのものの性能が向上します。先日、ヨーロッパの製品で「女性の立ち小便用の尿器」を見せてもらう機会がありまし た。尿道口に当てると前に飛ぶようになっています。ところが、この製品そのものは、陰部に当てるプラスチックが硬くて快適ではない。

アイディア自体は、む つき庵に集う「おむつフィッター」の皆さんには好評で、「なぜ日本のメーカーが柔らかな素材でこの製品を作らないのか」と話題になりました。

ハイキングなど屋外でしゃがんで排尿すると、虫や蛇といった問題があるので、女性の立ち小便には一理あります。排泄の選択肢が増えるのは悪くない話です。

ペットボトルにセットして使う
写真 魚の口部分が漏斗状になっている。しっぽのほうをペットボトルなどにセットすると、簡易尿器の出来上がり。男性が立ち小便等に使う。

また、元気な人が尿器を使うというアイディアには、元気なお年寄りも関心を持っているようです。

ろうと状になった部品だけの尿器があります。

ペットボトルなどにセットして、簡易型尿器として使うのですが、ある老人会でこの尿器を披露したら、おじいちゃんたちに大人気でした。

元気な人が尿器を使うというアイディアには、多様なシーンが想定されます。冬場に就寝中に何度も起きてトイレに行くことが大変だったり、冷えた屋内を歩くことで急激な温度変化にさらされて血圧に悪影響を及ぼす場合は尿器で済ませたほうがよいでしょう。

書斎で仕事に熱中している時には、尿器に排尿したほうが楽だと感じるケースもあるでしょう。

 

 

西村さん 健康な人にも尿器を使いたくなるシーンが必ずありますね。

尿器は車イスユーザーの強い味方

 

司会 尿器は自分の手が使える人にとっては便利なものだという指摘ですが、それは手を使える車いす利用者にとっても同じことでしょうか。

 

浜田さん 車いす利用者にとって、尿器は大変に心強い味方になってくれる存在です。駅や百貨店など、社会のインフラとして認知されている場所にはおおよそ、車いすに対応した広いトイレが増えてきました。ところが、車いすから洋式便器に移乗するのは、ひとりでは難しい場合もあります。

輸入品の座位専用尿器
写真 座位での使用を追求した輸入品の尿器。残念ながら廃版。

もし、この車いす利用者が座位で使える尿器を持参していたら、車いすのままで排尿し、その尿をトイレに捨てることができます。これはとても便利な方法ですよ。

むつき庵にも座位専用の輸入品の尿器があります。大変優れた製品で、車いすでもベッドでも、座位を確保できる人には、本当に便利な尿器です。ただ、発表時期が早すぎたのか、廃版、輸入中止になりました。

私は多くの人に排泄のアドバイスをし続けている身として、座位で使用できる尿器が世に広まる必要性を痛感しています。

 

西村さん 介護施設ではこんなエピソードがあります。皆でそろってお花見に行く時、事前に車いす利用者のためのトイレ を設営します。ポータブルトイレを置き、大きく眼隠しで覆うだけですが、これはかなり重要な仕事になります。花見ができる場所にはもともとトイレも少な く、あっても健常者しか使えない仕様になっているので、事前に設営するわけです。

座位対応の尿器が重要

 

司会 介護の現場で尿器を使いやすくするために、現状の把握と改善点を考えてみたいと思います。

 

西村さん 先ほども話題に上げましたが、人間は、排泄物は自分の身体から離したいという本質的な欲求があります。しかし、介護の世界では尿器を使わずに、紙おむつを重宝することが多く、尿器カテゴリーそのものが抜け落ちているような印象があります。

 

浜田さん 私は、要介護者の衣服をどう扱うのかという問題の影響が大きいと思っています。尿器を使うためには相手の下着をおろし、陰部を露出させる。排尿中はずっと正しい角度で尿器を当て続け、終われば同じように下着をはかせ、衣服を着けてあげるわけです。

 

西村さん 職員にとっての手間が増えます。

 

浜田さん 健康な人でも尿器を使おうとしたら、服をたくしあげて下着をおろして尿器を当てるといった同じ手間がかかります。尿器で排尿するのではなく、トイレに連れていく時も同じ作業はあります。
  ですから、トイレに間に合うのならトイレに連れていく方が良く、トイレに間に合わない人はもう、尿器を飛ばして、紙おむつの中で排尿してもらって、後は決められた時間におむつを交換するほうが、介護者にとっては手間が省けるという計算が成り立ちます。

 

西村さん 今でこそ、介護は理論が確立されつつありますが、昔は「お世話」の世界でした。お世話のノウハウは確かなものではなく、お世話する人の感性に大きく左右されていましたから、尿器の使い方にまで教育が行き届くことはなかったのでしょうね。

 

浜田さん 私が関わっている京都の介護施設で現在の尿器使用例は、男性入所者がたまに使う程度で、女性は皆無です。
  女性が尿器を使って楽になった過去の実例があります。さきほど車いすの話で取り上げた座位専用の尿器です。リウマチがひどい女性がおられ、彼女に、ベッドに腰掛けて使うんですよと教えてあげたのです。
  この尿器は幅が狭いので座った状態でそのまま股間に差し込み、本人にとって楽な姿勢で排尿できるようになりました。ただし、これを使うための条件として、前が大きく開くパンツと、衣服は巻きスカートを組み合わせています。
  彼女はリウマチのせいでベッドからポータブルトイレへの移乗はできません。しかし、尿意があるので紙おむつは絶対にしたくないという要望があり、尿器を使うことでその思いをかなえたのです。
  施設の職員さんにも衣服の工夫についてのノウハウを伝授しました。尿器を使いこなすには、その人にとって楽な排泄の姿勢が座位なのか、臥位なのかなど、使われ方を検証する必要があります。このリウマチの彼女に、臥位専用の尿器を渡しても使えません。
  このように、本来は使い方そのものを提案しないといけないのに、今は臥位も座位もあまり区別されていないように思います。

 

西村さん 座位と臥位では尿道口の位置や腹圧のかかり方もまったく違いますね。

 

浜田さん 日本製は、臥位で使うことを想定している製品が多いのですが、それだけでなく、日本人の感性で座位用の尿器も考えてくれれば、やわらかく、冷たくないなど、使いやすいものができるでしょう。

 

司会 自分で尿器を使える人と、そうではない人は、メリットが大きく異なるようですね。

 

浜田さん 尿器の使い方は、自立の手段と一緒に伝えるべきものなのかもしれませんね。自分が使うにはとても便利な道具ですから。

 

西村さん 私の勤務する施設では、男性でも上手に洋式トイレに移乗して、座って排尿してくれる人が増えました。
  でも、やはり、若いころからの習慣で、洋式でも立って排尿したいというおじいちゃんがいます。このおじいちゃんが排尿するときは、横からそっと尿器を差し出すと、ちゃんと尿器の中にしてくれます。本人は便座に向かって排尿していると思い込んでいるのです。
  また、別のおじいちゃんで、ベッドに寝たまま、少し上体を起こして横になり尿器を当てて排尿する人がいます。とても簡単にさらっとやってのけてくれています。

 

司会 実際に施設で働いている立場で、「尿器使用にかかるひと手間」は、本当に手間なのでしょうか。

 

西村さん おむつ交換をしているので、排泄の処理が難しいわけではありません。スタッフの技量的には問題ではないですね。
  30年ほど前になりますが、私が看護学校で学んでいた頃には、自分が差込便器で排泄できなければ、看護学校を卒業できませんでした。尿だけでなく便まで しなさいといわれていました。当時の先生は「患者の痛みが分かる看護師になるように」と言い聞かせていましたね。さいわい、私は上手にできましたが、それ でもつらいもので、自分が体験したからこそ、患者さんには「気持ち悪いでしょうね」と声をかけてあげられるようになりました。

浜田さん 私も昔、自分が入院してはじめて尿器での排尿を体験することができましたが、その時は気持ち悪く、8時間ほどかかってしまいました。

尿器で排泄介護の選択肢が広がる

 

司会 尿器が手軽に利用されるために、どのような策が考えられますか。

 

浜田さん 尿器メーカーが発表する製品は、臥位に対応しているものが主流です。しかし、人間の生活を考えれば、座位に 対応する製品が必要です。さらに衣服の問題などを含めて、介護施設の職員に対して、メーカーが使用方法に関する講習会をひらくくらいのエネルギーが必要で しょうね。これは、むつき庵で協力できるかもしれません。

劣化や汚れについて
写真 ゴムの口部分も、丁寧に扱っても劣化はする。
定期的な買い替えによる管理も大切だろう。

西村さん 尿器はおしっこの色や量も確認できるので、介護用品として本質的に優れています。健康管理に必要な用品です。尿器そのものの改良点を言えば、私たち現場にいる者としては「洗いにくさ」の改善もお願いしたいのです。ほとんどの尿器が樹脂製になったので、本来は中性洗剤でやさしく洗い、陰干しをしなければなりません。

しかし、忙しい現場ではもっとタフさが必要です。

どうしても、ボトルの首部分などには尿の黄ばみがこびりつきますからゴシゴシ洗いたい。

 

しかし強くこすると傷になるし、漂白剤を使っても樹脂の劣化につながるし、日光に当てても紫外線の影響を受けて劣化するしと、実は尿器は手入れが面倒なのです。

せめて、手が入るくらい口が広ければと思うのですが、構造上、難しいことかもしれませんね。

 

司会 介護の世界では、在宅でケアできるうちは在宅で看てほしいという思いがあるのでは。

 

西村さん 家族がおじいちゃん、おばあちゃんの在宅介護をあきらめて施設に入所させたいと思うようになる大きな要因は、「排泄の失敗」です。
  ところが、その判断をする家族自身が「排泄の失敗を判断する基準」を知りません。単にモレたから失敗と決めつけるケースが多くあります。「モレたから施設に入所」というのは残酷な判断です。
  自分の手が動き、尿意もある人なら、尿器をうまく使って自分で排泄をすれば、在宅のままで看ることが十分可能です。

 

浜田さん 在宅介護の充実を考えれば、尿器は家族の絆を守り、自立を守る砦になっているといえますね。

 

司会 浜田さんは「おむつを外せるならはずしたい」というメッセージを発信されています。

 

浜田さん 介護におけるおむつの問題は、おむつが悪者なのではありません。本人の意図に関係なく不快な状況に置かれてしまうことが問題なのです。
  尿意があるのにおむつを押し付けたり、ぐるぐる巻きにしたり、といったところにおむつの問題があります。介護の現場でおむつの替わりに尿器を使うことが できれば、ムレや冷たさから解放されて、快適になったり、資源の無駄遣いがなくなったり、好影響があります。もし、社会に尿器の概念が広まっていれば、 「トイレかおむつか」という選択を迫るのではなく、尿器を選ぶことで少しでも快適な生活を送れる人が増える可能性があるのです。

 

Fin.

 

介護現場で考える・福祉用具研究会の活動から

『圧倒的につらい体を知る』はコチラ→

車イス利用時のワンポイントアドバイスはコチラ→

『尿器を使った排泄介護を考える』はコチラ→

本ページの制作 監修:浜田きよ子 司会・執筆:本サイトウェブマスター

圧倒的につらい身体を知る
圧倒的につらい体を知る
身体を真似ると理由が分かる
身体を真似ると理由が分かる
車イス利用時のアドバイス
車イス利用のアドバイス
尿器を使ったはいせつ介護を考える
尿器を使ったはいせつ介護
むつき庵のサイトはコチラ
むつき庵のサイトはコチラ→
高齢者の作品収集と展示
高齢者の作品収集と展示

考える介護のために・対談シリーズ介護現場で考える・福祉用具研究会プロフィール・著作紹介高齢生活研究所 | 表紙へ

考える介護をはじめよう Copyright (c) 浜田きよ子 高齢生活研究所